断食ダイエットは正しく行わないと危ない?

断食ダイエットについてです。
断食とは一定期間食事を断つことです。
古くから宗教儀式や精神的修行、抗議行動などに断食が実行されてきました。
根強い人気が断食を利用したダイエットにはあり、プチ断食というダイエットを目的としたものもあるといいます。
ファスティングとも最近は言われており、断食を気軽に行う人も増加しています。
食事の減らし方、日常食への戻し方も含めて断食ダイエットだとされており、ただ食事を断つだけではありません。
体脂肪は備蓄用のエネルギーとして体内に蓄積されていますが、ちょっとした運動や減量だけでは体脂肪の燃焼には至りません。
体内にはグリコーゲンという脂肪より優先して消費するエネルギーがあるためです。
断食ダイエットの原理というのは、グリコーゲンは12時間で消費されるため、その間食べ物を断って体脂肪の消費を促すという方法だそうです。
食事を一定期間断つことで、腸に溜まった宿便を排出できることダイエットに効果があるようです。
体に負担がかかりますので、断食は正しい方法で行ったほうが良いでしょう。
おすすめなのは、指導を専門家や十分な知識を持った人からしてもらいながら断食を行うことです。
食べ物の誘惑に勝つことが自宅ではなかなか厳しいでしょう。
ホテルの断食プランや断食道場など日常から離れた空間で行う断食によるダイエットが人気です。