介護福祉士の主な業務とは?

介護福祉士とは、ケアワーカーの国家資格です。
資格を取得するためには、大きく分けて2つの方法があります。
まず、介護福祉士を育成する専門学校や大学で学び、所定の単位を修得・卒業して資格を得る方法、2つ目は介護の現場で3年以上の経験を積んで国家試験を受け資格を得る方法です。
試験は、年に1回で筆記試験・実技試験が行われます。
介護福祉士は、専門的な知識・技術をもって、心身に障害のある人に対し日常生活の援助をすることができます。
職場としては、老人ホームや身体障害者更生援護施設などがあります。
また専門性を活かして、地域の支援センターなどで勤務する場合もあります。
主な業務は、大きく4つあります。
まず1つ目が、身体介護です。
食事・排泄の世話・入浴介助、ベッドから車椅子への移動、歩行補助など日常生活のあらゆる動作が自分ではできない利用者が多いため、ひとつづつ注意をしながらの介護が必要です。
2つ目が生活援助です。
洗濯・掃除・必要な買い物など日常生活を送るための家事全般です。
3つ目が、利用者やその家族への助言・相談です。
ホームヘルパーと違い、介護するだけではなく指導を行ったり、利用者が自立した生活を送れるよう支援をします。
最後に、社会活動支援があります。
利用者が家族や近隣の住人などと良い対人関係が築けるよう支援し、さまざまな社会活動の情報の提供や参加の斡旋をすることも重要な業務の1つです。